ホーム > 【あ行】 > 何れ菖蒲(いずれあやめ)

▶ 何れ菖蒲(いずれあやめ)

《スポンサードリンク》

▼[何れ菖蒲]の意味はコチラ

  • 意 味: どれも優れていて、優劣がつけにくいこと。選択に迷うことのたとえ。
  • 読 み: いずれあやめ
  • 解 説: 昔、源頼政が、鵺(伝説の怪獣)を退治した褒美として菖蒲前という美女を賜ることになり、十二人の美女の中から見つけ出すように言われた。そのときに頼政が選びかねて詠んだ「五月雨に択べのまこも水たえていづれあやめと引きぞわづらふ」という歌からいう。菖蒲と杜若がよく似ていることから、「菖蒲と杜若」「何れ菖蒲か杜若(いずれあやめかかきつばた)」ともいう。
  • 出 典: 『太平記』
  • 英 語: 
  • 類義語: 兄たり難く弟たり難し
  • 対義語: 



《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【あ行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【あ行】 > 何れ菖蒲(いずれあやめ)