ホーム > 【あ行】 > 石に立つ矢(いしにたつや)

▶ 石に立つ矢(いしにたつや)

《スポンサードリンク》

▼[石に立つ矢]の意味はコチラ

  • 意 味: 一念を持って行えば、どんなことでもできるというたとえ。
  • 読 み: いしにたつや
  • 解 説: 【故事】 中国、楚の熊渠子が狩に行き、虎と見誤って石を射たところ、矢が石を射通したという故事による。
  • 出 典: 『韓詩外伝』。また、『史記』にも漢の李広の話として同様の故事がある。
  • 英 語: 
  • 類義語: 念力岩を徹す思う念力岩をも通す雨垂れ石をも穿つ/一念岩をも徹す/一念天に通ず/精神一到何事か成らざらん
  • 対義語: 



《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【あ行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【あ行】 > 石に立つ矢(いしにたつや)