ホーム > 【あ行】 > 石に漱ぎ流れに枕す(いしにくちすすぎながれにまくらす)

▶ 石に漱ぎ流れに枕す(いしにくちすすぎながれにまくらす)

《スポンサードリンク》

▼[石に漱ぎ流れに枕す]の意味はコチラ

  • 意 味: 負け惜しみが強いこと。また、屁理屈を並べ、言い逃れることのたとえ。
  • 読 み: いしにくちすすぎながれにまくらす
  • 解 説: 【故事】 中国、晋の孫楚が王済に、「石に枕し流れに漱ぐ」というべきところを「石に漱ぎ流れに枕す」と誤って言ってしまった。王済が「流れは枕とすることはできず、石で口をすすぐことはできない」と言うと、「石に漱ぐとは歯を磨くこと、流れに枕すとは耳を洗うこと」だとこじつけたという故事による。
  • 出 典: 『晋書』
  • 英 語: 
  • 類義語: 流れに枕し石に漱ぐ/漱石枕流
  • 対義語:



《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【あ行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【あ行】 > 石に漱ぎ流れに枕す(いしにくちすすぎながれにまくらす)