ホーム > 【あ行】 > 医者の若死に出家の地獄(いしゃのわかじにしゅっけのじごく)

▶ 医者の若死に出家の地獄(いしゃのわかじにしゅっけのじごく)

《スポンサードリンク》

▼[医者の若死に出家の地獄]の意味はコチラ

  • 意 味: 医者は不養生しがちで若死にをし、僧侶は堕落して地獄に落ちる者が多いということ。他人を救う立場にある人も、自分のこととなるとついおろそかになることのたとえ。
  • 読 み: いしゃのわかじにしゅっけのじごく
  • 解 説: 
  • 出 典: 
  • 英 語: Physician, heal thyself.
  • 類義語: 医者の不養生/坊主の不信心/儒者の不身持ち/礼法師の無礼/紺屋の白袴/髪結いの乱れ髪/大工の掘っ立て
  • 対義語:



《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【あ行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【あ行】 > 医者の若死に出家の地獄(いしゃのわかじにしゅっけのじごく)