ホーム > 【あ行】 > 独活の大木(うどのたいぼく)

▶ 独活の大木(うどのたいぼく)

《スポンサードリンク》

▼[独活の大木]の意味はコチラ

  • 意 味: 体ばかり大きくて役に立たない人のたとえ。
  • 読 み: うどのたいぼく
  • 解 説: 大きくなった独活は、食用にはならなくなり、また茎は木のように長くなるが、柔らかくて用材にもならないことから。
  • 出 典: 
  • 英 語: 
  • 類義語: 大男総身に知恵が回りかね/大きな大根辛くなし/白豆腐の拍子木/千人持ちの蒟蒻/長鞭馬腹に及ばず/独活の大木蓮木刀/独活の大木柱にならぬ/大男の見かけ倒し
  • 対義語: 山椒は小粒でもぴりりと辛い小さくとも針は呑まれぬ



《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【あ行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【あ行】 > 独活の大木(うどのたいぼく)