ホーム > 【あ行】 > 燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや(えんじゃくいずくんぞこうこくのこころざしをしらんや)

▶ 燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや(えんじゃくいずくんぞこうこくのこころざしをしらんや)

《スポンサードリンク》

▼[燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや]の意味はコチラ

  • 意 味: 小人物には大人物の大きな志や考えがわからないというたとえ。
  • 読 み: えんじゃくいずくんぞこうこくのこころざしをしらんや
  • 解 説: 中国の楚王の陳渉が若い頃農耕に雇われていたとき、雇い主に向かって「立身出世して富貴になっても、互いに忘れないようにしよう」と言って嘲笑された。陳渉は「ツバメやスズメのような小さな鳥にはオオトリやクグイのような大きな鳥の志すところは理解できない」と言ったという故事による。
  • 出 典: 『史記』
  • 英 語: 
  • 類義語: 猫は虎の心を知らず/燕雀いずくんぞ大鵬の志を知らんや/鵠志
  • 対義語: 
LINEで送る
Pocket




《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【あ行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【あ行】 > 燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや(えんじゃくいずくんぞこうこくのこころざしをしらんや)