ホーム > 【あ行】 > 煙霞の痼疾(えんかのこしつ)

▶ 煙霞の痼疾(えんかのこしつ)

《スポンサードリンク》

▼[煙霞の痼疾]の意味はコチラ

  • 意 味: 自然の景色をこよなく愛し、旅を好む習癖。
  • 読 み: えんかのこしつ
  • 解 説: 「煙霞」は、自然のよい景色。唐の高宗が隠棲した游巌を訪ね近況を尋ねたときに、游巌が答えた故事による。
  • 出 典: 『唐書』
  • 英 語: 
  • 類義語: 煙霞の癖/泉石煙霞の病
  • 対義語: 



《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【あ行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【あ行】 > 煙霞の痼疾(えんかのこしつ)