ホーム > 【か行】 > 合従連衡(がっしょうれんこう)

▶ 合従連衡(がっしょうれんこう)

《スポンサードリンク》

▼[合従連衡]の意味はコチラ

  • 意 味: 時流を読み、その時々の利害に応じて、互いに協力したり離反したりすること。また、巧みな計算や外交上の駆け引きのこと。
  • 読 み: がっしょうれんこう
  • 解 説: 「合従」「連衡」は、中国の戦国時代に行われた外交政策のこと。「従」は南北の意で、「合従」は、蘇秦の説いた外交策。強国秦に対抗するため、南北に連なる六つの小国を連合させようとする策。「衡」は東西の意で、「連衡」は張儀が主張した外交策。六つの国をそれぞれ個別に秦と同盟させようとしたもの。「連衡合従」とも言う。
  • 出 典: 『史記』
  • 英 語: 
  • 類義語: 合従連横/従横
  • 対義語: 



《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【か行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【か行】 > 合従連衡(がっしょうれんこう)