ホーム > 【か行】 > 渇しても盗泉の水を飲まず(かっしてもとうせんのみずをのまず)

▶ 渇しても盗泉の水を飲まず(かっしてもとうせんのみずをのまず)

《スポンサードリンク》

▼[渇しても盗泉の水を飲まず]の意味はコチラ

  • 意 味: どんなに苦しくても不正なことには手を出さないことのたとえ。
  • 読 み: かっしてもとうせんのみずをのまず
  • 解 説: 「盗泉」は中国山東省泗水県にある泉の名。孔子は旅先でのどが渇いた時、「盗泉」という名を嫌って、そこの水を飲まなかったという故事から。
  • 出 典: 『文選』
  • 英 語: 
  • 類義語: 悪木盗泉/鷹は飢えても穂をつまず武士は食わねど高楊枝
  • 対義語: 



《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【か行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【か行】 > 渇しても盗泉の水を飲まず(かっしてもとうせんのみずをのまず)