ホーム > 【か行】 > 風が吹けば桶屋が儲かる(かぜがふけばおけやがもうかる)

▶ 風が吹けば桶屋が儲かる(かぜがふけばおけやがもうかる)

《スポンサードリンク》

▼[風が吹けば桶屋が儲かる]の意味はコチラ

  • 意 味: 一つの事件が、めぐりめぐって意外なところに影響が出る
  • 読 み: かぜがふけばおけやがもうかる
  • 解 説: 風が吹くと砂埃がたって目に入り失明する人が増える。失明した人は三味線で生計を立てようとするから、三味線の胴を張る猫の皮の需要が増える。猫が減るとねずみが増え、ねずみが桶をかじるから桶屋がもうかって喜ぶという落語から。
  • 出 典: 
  • 英 語: It’s an ill wind that blows nobody any good.
  • 類義語: 大風が吹けば桶屋が喜ぶ
  • 対義語: 



《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【か行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【か行】 > 風が吹けば桶屋が儲かる(かぜがふけばおけやがもうかる)