ホーム > 【か行】 > 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)

▶ 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)

《スポンサードリンク》

▼[臥薪嘗胆]の意味はコチラ

  • 意 味: 復讐を心に誓って、苦労し、努力すること。また、目的を遂げるため苦労を重ねること。
  • 読 み: がしんしょうたん
  • 解 説: 中国の春秋時代、呉王夫差が父の仇である越王勾践を討とうとして、常に薪の上に寝て身を苦しめ、ついに勾践を破った。またその後夫差に敗れた勾践は、部屋につるした苦い胆を嘗めて報復の志を忘れまいとし、ついに夫差を滅ぼしたという故事による。
  • 出 典: 『史記』
  • 英 語: 
  • 類義語: 
  • 対義語: 



《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【か行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【か行】 > 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)