ホーム > 【か行】 > 君君たらずと雖も臣臣たらざるべからず

▶ 君君たらずと雖も臣臣たらざるべからず

《スポンサードリンク》

▼[君君たらずと雖も臣臣たらざるべからず]の意味はコチラ

  • 意 味: 君主が君主としての道に外れていても、臣下は臣下としての道を守って忠義を尽くさねばならないということ。
  • 読 み: きみきみたらずといえどもしんしんたらざるべからず
  • 解 説: 
  • 出 典: 『古文孝経伝』
  • 英 語: 
  • 類義語: 
  • 対義語:



《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【か行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【か行】 > 君君たらずと雖も臣臣たらざるべからず