ホーム > 【か行】 > 九仞の功を一簣に虧く(きゅうじんのこうをいっきにかく)

▶ 九仞の功を一簣に虧く(きゅうじんのこうをいっきにかく)

《スポンサードリンク》

▼[九仞の功を一簣に虧く]の意味はコチラ

  • 意 味: 高い山を築くのに、もっこ一杯の最後の土を盛らないために、山が完成しない。転じて、長い間の苦労や努力も、最後のわずかな失敗から不成功に終わることのたとえ。
  • 読 み: きゅうじんのこうをいっきにかく
  • 解 説: 「仞」は、中国古代の、長さの単位。「九仞」は、高さが非常に高いこと。「一簣」は、もっこに一杯の分量のことから、わずかな量のたとえ。
  • 出 典: 『書経』
  • 英 語: 
  • 類義語: 百日の説法屁一つ/草履履き際で仕損じる磯際で船を破る/杯と唇の間で取り落とす/千日に刈った萱を一時に亡ぼす
  • 対義語: 



《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【か行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【か行】 > 九仞の功を一簣に虧く(きゅうじんのこうをいっきにかく)