ホーム > 【か行】 > 君子の過ちは日月の食の如し(くんしのあやまちはじつげつのしょくのごとし)

▶ 君子の過ちは日月の食の如し(くんしのあやまちはじつげつのしょくのごとし)

《スポンサードリンク》

▼[君子の過ちは日月の食の如し]の意味はコチラ

  • 意 味: 君子は過ちを犯すことがあっても、日食や月食が光を失ってもすぐに明るさを取り戻すように、本来の徳性に立ち返るというたとえ。
  • 読 み: くんしのあやまちはじつげつのしょくのごとし
  • 解 説: 
  • 出 典: 『論語』
  • 英 語: 
  • 類義語: 
  • 対義語: 



《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【か行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【か行】 > 君子の過ちは日月の食の如し(くんしのあやまちはじつげつのしょくのごとし)