ホーム > 【な行】 > 七日通る漆も手に取らねばかぶれぬ

▶ 七日通る漆も手に取らねばかぶれぬ

《スポンサードリンク》

  • 意 味:  物事にかかわらなければ、被害を受けることは、だいたい、ないということのたとえ。何度漆の木のそばを通っても、だいたい、触らなければかぶれたりはしないということ。

 




《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【な行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【な行】 > 七日通る漆も手に取らねばかぶれぬ