ホーム > 【な行】 > 二八余りは人の瀬越し(にはちあまりはひとのせごし)

▶ 二八余りは人の瀬越し(にはちあまりはひとのせごし)

《スポンサードリンク》

  • 意 味:  16、17歳のころは一生を左右する重大な時期で、そこを越えてはじめて一人前に なれるということ。

 




《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【な行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【な行】 > 二八余りは人の瀬越し(にはちあまりはひとのせごし)