ホーム > 【な行】 > 人間僅か五十年(にんげんわずかごじゅうねん)

▶ 人間僅か五十年(にんげんわずかごじゅうねん)

《スポンサードリンク》

  • 意 味: 人間が生きたとしても、その長さはわずか五十年である。人生の短いことのたとえ。
  • 読 み: にんげんわずかごじゅうねん
  • 解 説: 織田信長が好んだことばとして知られる。舞の本『敦盛』の「人間五十年下天の内を比ぶれば、夢まぼろしの如くなり。一度生を受け、滅せぬ者のあるべきか」より。
  • 英 語: 
  • 類義語: 
  • 対義語:



《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【な行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【な行】 > 人間僅か五十年(にんげんわずかごじゅうねん)