ホーム > 【は行】 > 人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し

▶ 人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し

《スポンサードリンク》

  • 意 味: 人生は長く、苦しいことが多いので、不断の努力と忍耐をもって進み続けることが大切であるということ。
  • 読 み: ひとのいっしょうはおもにをおうてとおきみちをゆくがごとし
  • 解 説: 「急ぐべからず。不自由を常と思えば不足なし」と続く。
  • 出 典: 徳川家康の遺訓。
  • 英 語: The life of man is a winter’s day and a winter’s way.
  • 類義語: 
  • 対義語:



《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【は行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【は行】 > 人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し